即戦力への近道

仕事はゆっくり丁寧に教えよう

早く戦力にしたいのなら、仕事は丁寧に教えるべきです。適当に教えていては、教えられた方も当然わかりにくいです。忙しくて教える時間がないのはわかりますが、よくわかっていない状態で仕事をさせても、失敗をします。仕事が忙しくて教える時間がないのに、適当に教えて仕事を増やしてしまったら本末転倒です。ですので、仕事をゆっくり丁寧に教えることが即戦力への近道となります。ですが、ゆっくり教え過ぎても、仕事が遅れてしまう可能性があるので、そこら辺は調整が必要になってくるでしょう。
仕事を完全に理解したと思えるまでは、教えながら一緒に仕事をすれば、わかりやすいと思います。一緒に仕事をすれば仲良くなる時間も増えていいことが多いです。

怒らないでやさしく教える

怒ることは一番やってはいけないことです。仕事でミスをしたからといって、その社員が真面目にやっていないとは限りません。真面目にやっているのに怒られてしまったら、嫌な気分になるだけでしょう。ミスをしたなら、次はしないようにしっかりと教えてあげるのが大事です。やさしくしてもらったら、期待に応えて次は絶対にミスをしないように、気をつけようという気持ちにもなります。
怒る人は嫌われやすいので、社員との仲も悪くなってしまいます。仲が悪いと仕事にも支障を出しやすいので、仲良くなれるように仕事はやさしく教えるように心がけましょう。やさしくすれば人にも好かれて仕事も進みやすく、メリットが多いです。ですので、仕事をやさしく教えることが社員を戦力にするために重要になります。